東海西濃運輸株式会社

お知らせ

東海西濃運輸 SDGsの取り組みを掲載しました

2022年02月08日

東海西濃運輸のSDGsの取り組みを会社情報ページに掲載しました。

SDGsとは持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)を意味しており、東海西濃運輸では2019年からさまざまな活動を行ってまいりました。

 ~SDGsとは~


『持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals )』とは、 2015 年 9 月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」に記載された、 2030 年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17 のゴール・ 169 のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind )」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なもの であり、日本としても積極的に取り組んでいます。



~東海西濃運輸の使命とSDGs~

物流を通じて喜んでいただける最高のサービスを常に提供し国家社会に貢献するという東海西濃運輸の使命があります。

この使命のもと地域社会に貢献すると共にSDGs達成に向けて取り組んでまいります。


~東海西濃運輸の SDGs達成に向けた取り組み~


・東海西濃運輸では植物工場の運営を行っております。

・気候変動に左右されない持続可能な食糧生産システムによる農業を実現します。

・生産性 を向上させ生産量を増やし 、日当たり生産株数 15,000 株( 葉物野菜) を 目指します。

・地域の小学生向けに社会見学を実施し、環境に左右されない農業について知っていただきました。


・運輸安全マネージメント制度を導入し、車両事故撲滅に取り組んでいます。

・トラック協会主催 トラックドライバーコンテストにおいて県大会に優勝し全国大会出場を目指す。

 全国大会出場実績 2011 年 岐阜県代表(加藤雅)、2014 年長野県代表(竹腰正廣)、2018 年長野県代表(相馬昭徳)、2019 年長野県代表(木下祐司)、2021 年愛知県代表(柴田孝幸)

 地域小学生による植物工場の見学を実施。また、小学校に訪問し交通安全教室の実施を行っている。

  


東海西濃運輸では4箇所の事業所の屋根に太陽光パネルを設置しております。

岐阜東農支店320kw、知多支店132kw、長野支店705kw、松本支店302kw、合計1,459kw

 年間CO2削減量 948t 相当/年間

  


・自動車整備事業においてはベトナムから2 名の実習生を受け入れしています。

・障害者法定雇用率2.3%以上を目標としています。

 輸送事業や植物工場事業での職場体験を積極的に受け入れさせて頂き、継続的に勤めて頂けるよう取り組んでいます。

・高年齢者雇用のため定年延長65 歳への引き延ばし、また65 歳以上においても再雇用制度を設けています。

 高年齢者を対象とした安全衛生教育を実施して労災事故撲滅に取り組んでいます。

  


運行便積載率を向上し10%の積載率向上によりCO2削減に取り組みます。

エコ安全運転に取り組み燃費数値前年103%の向上に取り組みます。

ハイブリットトラック62 台導入しておりCO2削減に取り組みます。

  


・小さな親切運動と題して全営業所の地域清掃活動を行っております。

・植物工場の社会見学、地域小学校での交通安全教室を通じパートナーシップを推進します。


Page Top